入れ歯より優秀?インプラント治療に向いている人とは

歴史の長い治療

1950年ごろの海外で生まれたインプラント。チタンが骨と結合できることが判明し、動物実験を経て人間にも行われるようになりました。

入れ歯VSインプラントを比較してみた

入れ歯について

取り外しが可能な人工の歯を指します。高齢者が使うイメージですが、若い人も部分入れ歯をしていることがあります。健康保険内で作れる他、自費であればもっといい入れ歯が手に入ります。

インプラントについて

歯茎に人工の歯根を埋め込む治療です。その上に義歯をかぶせて完成です。歯茎に埋め込むので入れ歯のように取れる心配がなく、せんべいやお肉もしっかり噛めます。

入れ歯より優秀?インプラント治療に向いている人とは

歯医者

治療に向いている人

インプラント治療に向いている人は、どんな人でしょうか。治療を検討するなら、そういったことまで知っておきましょう。向いているのは、歯周病や虫歯で歯を失った人、入れ歯に抵抗がある人です。できるだけ天然歯に近い状態にしたいという要望も叶えてくれるでしょう。

インプラント

アフターケアが重要となる

歯周病で歯を失った場合、アフターケアなしだと同じ理由でインプラントが抜ける可能性もあります。宮崎や明石で治療を受けるなら、治療後も定期的に検診をしてくれるところ、ブラッシングの方法を丁寧に教えてくれるところが好ましいでしょう。

慎重に決めよう

自分の歯のように噛めるのがインプラントの強みです。しかし、リスクもあるため色々な治療法を比較をしながら決めることが大切です。インプラントの治療実績が素晴らしい歯医者に話を聞いてみるのもありでしょう。

広告募集中